絵を描かかない自称ポッポコピー絵師・鵲が闘うことを忘れないために綴る日々の備忘録

想始創愛

    想始創愛_HOME > スポンサー広告
    > スポンサーサイト> イベントレポート
    > パスポート申請から始めるセカイ系中二病派遣社員・鵲流セパンの歩き方2012~SUPERGT第3戦観戦記~その1 胎動編

    最近の記事

    Category:スポンサー広告 Tag:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー「スポンサー広告」のRSS

    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. ⇑ Page TOP ⇑

    パスポート申請から始めるセカイ系中二病派遣社員・鵲流セパンの歩き方2012~SUPERGT第3戦観戦記~その1 胎動編

    ~人生の敗戦処理~

     去る2012年6月8~11日、SUPERGT Rd.3 観戦のため、マレーシアはセパン・インターナショナルサーキットに行ってきました。流石はマレーシアで暑かったですよ。とはいえ、死ぬほどではなくて、正直日本の夏の方がキツイくらいでした。もっとも、土曜日は曇ってましたし、日曜も夜降った雨もあって本来の暑さではなかったのかもしれませんが。帰ってきたからのこの一週間は疲れが抜けずに正直キツイ日々でした。もう一度やれと言われても、正直躊躇してしまいそうです。

    しかしながら、現地で過ごした間よりも準備の方が大変だったように思います。何せ、ひと月前にはパスポートも持っていなかった海外経験皆無の男が単身でマレーシアに乗り込んだわけですから…… 。今回は、その準備からセパン遠征の過程を記そうと思います。

    消去法のモチベーション
     今回のセパン行き、実はかなり消去法で決定したものでした。2007年からSUPERGTをチェックし始めたわしですが、サーキットへ観戦に行くことはありませんでした。その状況が変わったのは昨年のこと。わしは昨年からGOOD SMILE RACINGの個人スポンサーをやってます。吹けば飛ぶような、ほんの小額とはいえ、スポンサーになったことだし、年に一回くらいはこの目でその戦いを見て、考えを持っておくべきだな、と思いまして、昨年の富士特別戦に続き、今年も観戦計画を立て始めたのでした。

    しかしこれだけの理由ならば”何故セパンなのか?”という疑問は起こって当然です。国内で手軽に済ませればそれで良いはなしなのに、と。ところが、今年は仕事上の理由で今年後半の予定が不透明になってしまったのです。あくまで噂ではありますが、わしが今年度後半にかなり遠い土地へ飛ばす人間の第一候補に挙がっているとかなんとか…。となると秋以降の観戦は赤信号、必然的に前半戦に絞られるわけです。
    第一戦岡山は決勝の翌日が年度初めで移動日として休みを取ることが困難な上に、付き合いで財布は薄くなり、おまけに祖父の体調悪化の知らせがあって動けず。第二戦富士はGWで体調を崩した祖父の訪ねることに。第四戦菅生はわしのかつて所属し、人生の大一番を演じたサークルの大会と日程が被ることが判明。第五戦鈴鹿は恐らく異動の準備をせざるを得ない日程。ということになり、残された選択肢は海外という大きな障害はあるものの日程として唯一可能性がある第三戦セパンのみとなったのです。

    後手後手の準備
     観戦可能なレースはセパンのみとなってしまったわけですが、しかしてセパンは言うまでもなく海外。国内の移動とは訳が違います。おまけにわしは海外経験皆無でパスポートの一つも持ていないような派遣社員。勝手も分からずグズグズしているうちに日にちばかりが進む日々。ツアーが一番楽で良いよなぁ…なんて思いつつも、そもそもパスポート持ってないし、本当に行くの?金ある?休めるん?英語通じるのか?通じたとしてもわしの英語だぞ?などとネガティブな思いも立ち込めてくるわけです。優柔不断なわしではありましたが、思ったわけです。

    「行けると決まったわけではないが、行くならパスポートは要る、間違いなく。」


    第一の関門-パスポート取得
     前情報によるとパスポート取得にはひと月近くかかるなどという情報もありつつ、しかし、残り日数はひと月ギリギリだなぁ。などと思っていたGWのある日。一週間で必要な物を集めつつ、上手く休みを取れればセパンへ行こうと計画を立てたわけです。

    パスポート取得に必要?な物。
    ・戸籍抄本
    ・証明写真
    ・以前のパスポート(外務省のサイトには書いてないぜ)
    ・身分証明書
    ・収入印紙(受け取り時)

    戸籍抄本は本籍地まで取りに行かないといけない。まぁ郵送でも取り寄せできるにはできるのだが、日数を考えると直接行った方が良さそう。
    ん?以前のパスポートなんぞいるのか?必要だというサイトもちらほら。まぁ持ってないから関係ないけど。と思いきや、親に「あんたパスポート持ってるよ」、とか言われる始末。どうやら物心つくはるか以前に取得していたらしいのです。まぁ戸籍抄本も要ることだし、実家に取りに行こう。

    ……などなどしてパスポートの申請手続きをしたのが5月14日。いつ出来上がるのかと、ドキドキしながら渡された紙を見ると、5月21日。なんと一週間。ひと月かかるとはなんだったのか?などと思いつつも、本当に一ヶ月掛かっていたら間に合わないわけで、早いに越したことはないので非常に安心したのでした。

    遅すぎるツアー申し込み
     なんとかパスポートの申請を終えたわし。次なる心配は「どうやっていくのか」ということになるわけです。どうやら物心付く前に海外は経験しているようなのですが、記憶にない以上海外経験はないということです。ど素人です。となれば、一番に考え付くのは観戦ツアー。観戦ツアーならば手続きはまかせっきりでいいし、現地でも困ったことにはなるまい。と意気揚々と資料請求をしたのです。

    しかし、わしは気づいていなかったのです、ある致命的な事実に。

    まだかまだかと資料を待ち続けて一週間。さすがにいくらなんでも遅すぎる!というわけで、仕事をなんとか片付けて、電話で問い合わせてみることに。すると……

    「そちらのツアーですが、10日ほど前に受付を締め切っておりまして…」

    申し訳なさそうな声と共に聞こえてきた言葉はわしのマヌケっぷりを的確に示してみせ、

    ”お前に足りないものはァ それは! 情熱思想理念頭脳気品優雅さ勤勉さ そして、何よりもォ~ 速さが足りない!!!”

    そんなクーガー師匠のお言葉が脳裏に去来したのでした。



    <次回予告>
    ツアーという安牌を失った鵲。

    磨り減る時間、進まぬ準備、迫られる残業。

    情報を集める度に地獄から天国そしてまた地獄へ。

    しかし滑り落ちる時計の砂は決して元には戻らない。

    追い詰められた鵲の決断が拓くはセパンへの道か、惰眠むさぼる週末か。

    次回「焦燥」
    スポンサーサイト

    カテゴリー「イベントレポート」のRSS

    1. 2012/06/17(日) 22:25:47|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    <<夏もおしまい。の巻 | HOME | 気楽にボチボチSUPERGT RD.1 岡山 の巻>>

    コメント

    まずはお疲れ様です&無事で何よりでした。
    時間が迫る中の思い切った行動力は凄かったと思いますよ
    1. 2012/06/17(日) 22:45:36 |
    2. URL |
    3. 秋スペース #O5sb3PEA
    4. [ 編集]

    コメントの投稿


    管理人にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。