絵を描かかない自称ポッポコピー絵師・鵲が闘うことを忘れないために綴る日々の備忘録

想始創愛

    想始創愛_HOME > スポンサー広告
    > スポンサーサイト> 日記っぽいもの
    > colinuxやらandlinuxやらPubuntuだとか3年ぶりのベースだとか

    最近の記事

    Category:スポンサー広告 Tag:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー「スポンサー広告」のRSS

    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. ⇑ Page TOP ⇑

    colinuxやらandlinuxやらPubuntuだとか3年ぶりのベースだとか

    ~明日の発表が終わったら、わし、この夏はもう頑張らない。~

    こんばんは、鵲です。
    ここんところ明日の発表のために資料作ったり、原稿書いたりいろいろしてました。昨日も夕方から朝方まで資料づくりをば。
    そのおかげで、今日と言う日を空けることができました。休むなり、やりたいことをやるなりしないと精神的に参りそうだったのです。ま、歌ったり、弾いたり、PC弄ったり。やりたいこと全てではないもののそれなりにはこなせて、ずいぶん気が楽になりました。


    colinuxたちと戦ってみた

    それで今日ですが、昼に起きてからしばらくの間はcolinuxと戦ってました。Windows上でLinuxを動かしているという代物で、Win⇔Linuxのシームレスさが売りなのですが、GIMPやInkscapeはやはりLinuxの方がサクサクで安定していると聞きかじったとのと、最近作っている(ぜんぜん前に進んでいないが・・・)FEMをもしかするとLinux環境でも動くものにしないといけないかもしれないという思いがありまして、挑戦してました。結論から言うとcolinux>andlinux>PortableUbuntuRemixと設定が簡単なものへと敷居を下げるようにして挑戦したのですが、メインPCではどれも上手くいかず・・・。
    colinuxではWindowsとの通信でコケてました。colinux側から外が見えないという事態に・・・。
    andlinuxはターミナルが開かない・・・。そういえばインストール時にTAPが残ってて上手くいかないかもよんって警告が出てたな。アンインストールしたりファイル消したりしてみたけど駄目だったから諦めた。
    PortableUbuntuRemixはスプラッシュが出て、沈黙。
    一番効果を見たかった
    サブPCでandlinuxが動いたので少し触ったのですが、windowsのありがたみを感じましたね。とりあえず用意ドンで始められるというだけでもwindowsはありがたいですわ。更新のサーバー設定したり、リスト設定したり・・・。良く知っている人か暇人しかできないんじゃなかろうか?
    おっと、メインの目的はそこではありませんでした。開発や作業に使えるかどうかでした。GIMPやInkscapeは素直にWindows版使っとけという結論になりました。内部的にはサーバーと通信しているのと同じらしく画面の転送に時間がかかるようです。レスポンスも動作しないというレベルではありませんが、Windows版の方がまだ快適に動作するほどでした。
    開発はとくに何か作ってみたというわけではありませんが、もともとLinuxはなければ自分で作る!みたいなところがあるようなのでコンパイラも非常に豊富で、andlinuxでもいろいろ使えるようでした。viやemacsのような古典的な環境に限らず、IDEであるCode::Blocksもインストールできたので、開発方面はなんとかなりそうです。ただOpenGLと絡むとどうなるのかはちょっとわかりませんね。
    なお、サブPCではandlinuxしか試してません。colinuxはメインPCで通信関連の設定の難しさで挫折したので。PortableUbuntuRemixは比較的重いと書かれていたので、あえてandlinuxの後に試す必要はないかなと。


    鵲、3年ぶりにベースを弾く

    なんだかんだあって、なんと3年もの間放置してしまって、押入れに仕舞われていたベースなんですが、先週ヘッドホンを買ってきたこともあって、さほど音を気にせずに触れるようになりました。そこで、久しぶりに音を鳴らしてみました。
    さすがに元々何か弾けるレベルにあったわけではないので、ほぼ完璧に忘れていましたが、割と夢中になって、1時間ほどでペラい初心者用教本を一気に半分ほど進めました。まぁ最初の練習ばかりやってても単調になりますし、そもそも独学では何がよくて何が悪いのかさえわからないものですから、一つのことに固執しすぎないようにしつつ、繰り返しやっていくのが一先ずは有効なのではなかろうか、などと後付の理屈を言ってみるわけです。
    こういうものは日々の積み重ねがものを言うものなのは重々承知なので、多少、空しさや焦りを感じはしますが、今はただ音が鳴るということが、それなりに楽しいので、それで良しと思ってます。
    本当はスタンドがあれば、日ごろから触れる位置に置いておけるのですがねぇ…。

    そもそも、バンドがやりたい!とか誰かのベースに惹かれた!というよりも、歌が好きだから楽器も何かできると良いよねくらいのノリで始めているので、良く言っても音に対する感覚を磨く程度で、モチベーションもたかが知れているのですがね。しかも、楽器の類、実は苦手という・・・。


    以上、今日はこの辺まで。


    追伸
    忙しかったからスルーしてたHLL騒動について気が向いたら何か書こうかな。もっともソースが2,3次情報ばかりだけど・・・。とはいえ、日ごろ生活していて得る情報って1次情報ってことはあんまりないんだよね。
    スポンサーサイト

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2010/08/09(月) 01:56:40|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。