絵を描かかない自称ポッポコピー絵師・鵲が闘うことを忘れないために綴る日々の備忘録

想始創愛

    想始創愛_HOME > 月別アーカイブ [ 2010年12月 ]

    最近の記事

    月別アーカイブ [ 2010年12月 ] ▼

    Category:スポンサー広告 Tag:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー「スポンサー広告」のRSS

    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. ⇑ Page TOP ⇑

    ちょっと早いけど2010年〆だとか”今年の抱負”自己採点2010だとか。

    ~今年の帰省は土日のみの予定です。~

    こんばんは、鵲です。
    クリスマスも終わり、いよいよ年越しのときが迫ってまいりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか?
    わしはぜんぜん年末感がございません。年々、年末感が薄くなっていると感じるここ数年ですが、この年末感のなさは過去最大でしょう。まぁ理由はいろいろ考えられますが、主に今年が消化不良な一年であったことでしょうか?あるいは目下の仕事の締め切りが年明け直後であることが関連しているかも知れません。もっと言ってしまえば、金曜はいつもより早く帰るとはいえ仕事で、月曜には出勤だというのもあるんでしょうね。

    さてさて、わし個人としてましては全くといっていいほど年末感がないのですが、何事もメリハリといいますか区切りがあることは重要なわけでして、少々2010年を振り返ってみようかと思います。

    このBlogを見てみると今年は投稿数が100を下回っています。今カウントしたところ投稿数は77でした。2006年にBlog版想始創愛を始めてから最も少ない投稿数ですね。Blogの投稿は一種の心のゆとりのパラメータとも言えまして、今年はゆとりが少なかったということですね。序盤ともかくここ3ヶ月は月に2つしか書いてない始末。全体的にみれば、春ごろまではなんとか3~4日に1回は投稿できていたのですが、GWの頭に体を壊してしばしの沈黙ののち、仕事の重要度が高まってしまったのが、それ以降のBlog投稿が少なかった一つの要因でしょうね。
    まぁ、それだけ現在、切羽詰まっているというのはウソじゃありません。やらなければならないことと、今しか出来ないやりたいことが押し寄せてきているんですよ。どちらも思うように進んでいませんので、本心を言えばもう半ば気が狂いそうになっています。睡眠時間もむちゃくちゃで出張のときのリズムから3週間経っても戻らないでいますし、何より休まった気がしません。表向きは平静を保っているつもりですが、結構キてるような感覚はあります。

    おっと、いけないいけない。今年を振り返らないと。

    今年はいくつか初めてのことがありましたが、パっと思い出せるのはBlu-rayの作品を購入するようになったことでしょうか?部屋にはBD再生機器はないのですが、師匠に乗せられる形で買い始めてしまいました。現状、未消化なのははやぶさ、超電磁砲OVA、消失の3本です。来年の秋口には自分の部屋で見られるようにしたいですね。その頃には余裕が出てくるでしょうから・・・。尚、師匠宅で行われる29日の忘年会で3本とも消化する予定です。

    次に初めてというか始めたのがtwitterですね。
    初めて知ったのは数年前だったと思いますが、しばらくは海外の変わったサービスと言う感じで身近で流行る気配はありませんでしたが、ここ2年もしない間に日本でも一大ブームになりましたね。わしの身の回りの人間は師匠や寮で一緒だった同輩、後輩たち、サークルの面子などなど普及率はかなりのものです。恐らくは携帯端末との絡みが容易になったことが大きな要因なのでしょうね。ハードの性能としては日本でもっと早く流行っても良さそうなものでしたが、どうにもこのガラパゴス的な発達を遂げた携帯の世界では黙殺されていたのかな?とさえ思います。まぁこの辺りの腰の重さというか手のひら返しは日本的に思います。
    わし自身、現在3つほどアカウントを持っていますが、面倒ですね~。しかも未だにシステムが理解できていないところが多々あります。リストの使い方とかRTだとかQTだとか・・・。twitterのせいでBlog投稿が減ったのではないか?と言われると微妙なところです。たしかに時間を消費することと自己顕示欲が満たされることはBlog投稿の足を引っ張っているとも言えます。しかし一方でBlog書くときも書く前はいろいろ考えているのですが、いざ書こうとすると忘れてしまっていることが多いので、それを補完してくれていると思えばプラスの面もあります。逆にtwitterは考えをまとめる場としては全く不向きですね。他にも、書いたように自分の中の備忘録的な役割や一時的な感情の発露の場としては有用に思いますがコミュニケーションツールとしては同じ時間を共有できない人間はドンドン疎遠になってしまうのでどうにも使いづらいと感じています。一日の大半を仕事でつぶしているわしにとってはTLの中で面白そうな話があっても既に数時間前の話になってしまったり、寝てる時間に活発な後輩とは全然やりとりがなかったりするところはツライですね。おまけに相手のメインのメディアがtwitterに移ってしまっているとどうにもならないですね。もっとも、頻繁にやりとりするような間柄の人間も少ないのですが・・・。

    個人的な変化としては、学ぶことに恐怖を覚えるようになった点がもうどうしようもなく悲しいです。
    もとより、石橋を叩いて壊すほどのビビりでしたが、最近は新しい物事が底なし沼のように感じられて踏み込むことに躊躇している自分を自覚するようになりました。足を突っ込んだが最後、時間ばかりを消費して、まったく理解が進まないような、そんな錯覚に陥っています。今の環境がそうしているとも思えないでもないですが、自分のやりたいことですら、まともに進まないでいることなんかも大きな理由だと思います。春からはいろいろあって今とは全く違うことを仕事にするので、それが決まった当時はどうとも思いませんでしたが、今は恐怖していると言えるかもしれません。
    この辺りも、本来なら上手い方法があるのでしょうが、何しろ自分自身のコントロールもままならない男なので、多くを望むのは酷でしょう。
    できごとはいろいろあったけれど、特にはやぶさの帰還は歴史に立ち会った気にすらなりましたね。昔から興味はあったものの、いまひとつ情報の集め方を知らない分野だっただけに、今年は一つの契機になればなぁとか思います。まぁ、今も大して情報源を確保できたわけではないのですが・・・。


    さて、最後に年始に書いた今年の抱負というやつを振り返って自己採点をば。

    一つ、職探し。
    >まぁなんとかなりました。もっとも今までの仕事とはぜんぜん違うことなので不安ばかりが募りますが、今の仕事よりは向いている分野だと思うので頑張りましょうね。ただ、今とりあえず忘れさせて・・・。そこまで受け止める余裕がないから。

    ・・・自己採点:100/100 自分の持てるものを全て出して戦えたでしょう。これ以上を望むのは分不相応というやつです。少なくとも今よりはずっとやりたいことのできそうな場所を手に入れたのですから。惜しいのは、もっと世の中の自分に対する評価を多く知っておきたかったとは思う部分。

    一つ、サークル向けプログラムを完成させる(期限:できれば9月末)
    >全然未完ですやん。影はあっても使える形は全くございません。主にこれに対して今年のわしの余暇は費やされたので、自分の無能さを大いに思い知る羽目になったという気分です。ええ。ただ、なんとか機能はしょぼくても何か残していかねばと、期限切れの今も奮闘中。

    ・・・自己採点:20/100 見通しの甘さは相変わらず。さすがに方向転換しよ?この間後輩にアイデアをもらえたわけだしね。ただ、1年間モチベーションを保って、常に挑戦の姿勢を忘れなかったのは○。

    一つ、GIMPのプラグイン作り
    >全くやってませんね(笑) 一体何を思ってこれを書いたのかすら今となっては思い出せません。何か貢献したいと思ったのでしょうが・・・。強いて言えば、職場で使えるバッチファイルを作ったことぐらいですか?恐らくモチベーションは全然違うと思いますが・・・。そもそもプラグインじゃない・・・。

    ・・・自己採点:2/100 もう当初のゴールを覚えていない時点でアウト。ただ、それでもGIMPがらみのスクリプトを書いた部分はプラス評価ということにしておく。

    一つ、カラオケ
    >当時の記事を見るに、リストづくりとかではなく純粋なわしの生活における立ち位置を心配している模様。ぶっちゃけてしまえば出張がない週末はほぼ毎週行ってます。予想では行く機会は減ると思っていたようですが、実際は間逆な結果となりました。やはり5年前に出せた声を失ってしまったことが潜在的な恐怖となっているのでしょう。あとは純粋に歌うの好きみたいだわ。音楽が好きというよりも歌が好き。もっと上手くなりたいと自然に思える。そんな自分がいることを知ったのが収穫か? もっとも、どうやったらもっと上手くなれるのかわからずにいるのが現状で、このままだと、やがて失速するんじゃないかと軽い恐怖。

    ・・・自己採点:150/100 具体的な目標でない分採点が難しいけど、機会を失うどころか増やしてそれを定着させたのは大きい。(出費も大きいがそこはみなかったことにする)。DAMの精密採点Ⅱでは90点を出せるようにもなってきたので、ゲームとしては採点機能にも慣れてきたと思う。ただ純粋に上手くなったかどうかは評価できない部分。

    一つ、絵
    >はい、死んだ。今年はもうそれこそ10年ぶりくらいに絵をほどんど描かなかった。ちょこちょこっとアナログで練習したりはしたのだけれど、どれも長続きせず・・・。デジ絵はそれこそ本当にラフの1枚も描かなかった。去年でもラフは描いてるのに・・・。

    ・・・自己採点:0/100 いろいろ考えれば無理なからぬ一年ではあったけれども、無性に描きたいということもなかったなぁと思う。もちろんちょっと悲しい。ただ、優先すべきところに力をまわして、そちらで無駄だったかも知れないが頑張ったという意味でマイナスにはしないことにした。


    来年の抱負は夏ごろに考えよう。とりあえずは春までを乗り切って、そこからは環境の変化もあるしいろいろ未知数。できれば怖気づかずにコミュニケーションをとることかな?。こんなgdgdな感じで一先ず2010年を〆ようかと思います。
    スポンサーサイト

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2010/12/27(月) 03:21:59|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    出張帰りだとか最近の関心事だとか

    ~嫌々でも経験。でも、それでは届かない。~

    こんばんは、鵲です。
    久しぶりも久しぶりですね。忙しいと言うか、むしろ思うように生活できないというか。まぁそんなこんなでBlogから遠ざかっています。描きたいことは湧いてくるのですけれどね、時の流れに流されてなかなかまとめておくことが出来ません。

    そんな鵲は今日は出張から帰ってきたのです。今居るところではこれが最後の出張かな?とそんな風に思います。いつも緊張するのですけれど、その緊張から解放されたと思えば少しは気が楽になる気がします。今回は後輩も連れて引き継ぎも含めた仕事でした。年明けからは後輩だけになりますが、まぁわしより優秀な後輩なのできっと上手くやってくれるでしょう。昔のわしはまさか将来、出張でこんなことをしていようとは、想像もしてなかったでしょうが、それでもそれなりに出来たのは仕事の内容の難しさではなく、単に知識と経験の問題だったのでしょう。行動そのものは中学生にでもできることですから。

    思えば、ここ最近5年間で10年前やってみたかったことの内、2つほど大きなものを経験することができました。どちらもかけがえのない思い出ですが、冷静に考えてみれば見るほど、自分の無能さに嫌気がさします。どちらも他人におんぶにだっこ状態で、わし自身は誰にでもできるような瑣末なことをやったに過ぎないばかりか、むしろ全体の足を引っ張ることしかできませんでした。その癖に大きな顔をしてその喜びを享受して、さも自分の力でやり遂げたような顔をして満足しているのですから、厚顔無恥も甚だしいです。今はそのときの同僚とは決して近しい間柄ではないのですからわしの人望は推して知るべしですね、ええ、わかってますよ。果たして一人になった自分に何ができたのか?一人になった今だからこそ、滲み出る自分の無能っぷりがどうしようもなくツライのです。

    そういえば、先日金星探査機あかつきが軌道投入に失敗してしまいましたね。当日、通信が回復しない様子をネット越しに見ていたわしとしても残念な結果となってしまいました。資料によれば軌道投入のためのスラスタを吹いていたところで突然ひっくり返るような動きが起きてしまったようですね。5秒で1回転するほどのスピードなので、それまで微小な動きしかなかったことを思うとかなり急な動きだと思います。とはいえ、当然このまま宇宙を彷徨わせるつもりはないわけで、しばらく先になりますが、再び金星軌道への投入に挑戦する機会があるということで今後も運用が続くようです。お金も世間の理解もないことを一番切実にわかっているのはプロジェクトの方々ですから、何が何でも機能を維持させようとするでしょう。あかつきを無駄にしないように。
    思うところはありますが、このくらいにしておきましょう。この話をすると夜が明けてしまうので。

    あと、今日というか、昨日ですね、東京都の青少年健全育成条例改正案が可決されてしまいましたね。
    詳しく調べて理解する余裕があまりなかったのでずっと黙っていましたが、正直にいえば残念ですね。わし自身にとっての直接の影響は軽微だと思いますが、それでも良い方向を向く可能性に疑問を感じずにはいられません。

    =尚、以下の内容は主に二次ソースに基づいた鵲翔平の妄想であり、フィクションです。閲覧の際には決して真に受けることのないよう、ご注意願います=
    ※以下は妄想でありフィクションですが、鵲の人生の一部に関わり兼ねない重大な事柄に対する鵲翔平一個人の考えを記し、将来に恥を残しておくことを趣旨としています。この件に関しましてはルーピーな鵲にいろいろと教えてくださる方を歓迎いたしております。

    [出張帰りだとか最近の関心事だとか]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2010/12/14(火) 03:56:34|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。