絵を描かかない自称ポッポコピー絵師・鵲が闘うことを忘れないために綴る日々の備忘録

想始創愛

    想始創愛_HOME > 月別アーカイブ [ 2010年10月 ]

    最近の記事

    月別アーカイブ [ 2010年10月 ] ▼

    Category:スポンサー広告 Tag:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー「スポンサー広告」のRSS

    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    出張の秋だとか師匠の止められない病気だとか

    ~一ヶ月に記事2本はBlog版開設以来ワーストだったり・・・まだ2日あるが。~

    こんばんは、久方ぶりの鵲です。
    ここ3週間ほど仕事では出張の準備および後始末、プライベートではプログラミングばかりしていて、Blogを書く気力がありませんでした。ここ一週間くらいは特にほとんどの力を出張に傾けていたのでクタクタです。おかげで出張から帰ってきたらいつの間にやらやってきていた本格的な秋に体調を崩しそうになっています。

    Blogを書いていなかった間は上に書いたとおりなのですが、ネタがなかったわけではありませんでした。F1もいろいろと話題となった日本と韓国でのグランプリがありましたしね。アニメも新クールが始まりましたねぇ。あとは、エルシャダイの汎用性の高さに驚いたり・・・。まぁそのあたりはもう少しあとで書くとして、まずは忘れないうちに師匠の話を。

     わしの師匠は昨年の夏前に躁鬱にかかって闘病?しているわけですが、この夏の終わりに治まっていた症状が再発しまして、再びのドクターストップ寸前なのだそうです。
    わし自身には直接関係のないことではありますが、それでも師匠はここ数年で出会った友人としては一番信頼できる優秀な男であり、ここ数年の生活で彼の影響なしにはここまで元気になることもなかったと思えるほど、長い人生のなかでもなかなか得がたい友人です。それゆえ、心配せずにはいられないのです。
    今回、仮にドクターストップとなると、前回のようにはいかないようで、師匠の立場上あとがない状態でのドクターストップとなってしまうようで、のちのちに良い影響を与えそうにないとのこと。すでに担当医からはドクターストップ勧告を受けているそうで、あと1週間で回復の兆しが見えなければ、という状態だと打ち明けられました。

    師匠はわしの知人友人の中でも屈指の優秀な男で将来を約束されたといっても過言ではなかったはずなのです。病気になってしまったものはしょうがないですし、そういった生活を送ってしまったことも彼の熱意や意思あってのこと故、わし自身がそれを否定することはできません。どうしてあげることもできないのですが、それでも、それでもその力を十分に発揮することなく、師匠が舞台から降りてしまうそのことに、もったいないでは表せない、言いようのない無念を感じるのです。

    師匠は言っていました。もう一度大学に入りなおして、教員にでもなろうかと。聞けば、2年ほどの通信で免許をとることができる場合があるそうで、本格的に調べればもっといろんな手が出てくるだろう、世界は思っているより少しだけやさしいのだと。わしよりも年齢は若いですから、不可能とも思えません。(もっともストレスの多い教育現場が師匠の病気に障らないとは思えず、それはそれでどうかと思うわけですが。)

    わしはそんな師匠が羨ましくてたまらない。悲嘆にくれることのないその精神が妬ましい。人生を今の仕事に捧げるほどだった師匠が、まるで未練もないようにそう言ってのける。あまりに羨ましい。一番苦しんでいる人間を見て、それに嫉妬するとは我ながら反吐がでそうな性格をしている。でも、それほどまでにわしと師匠の差は大きく、その師匠を失うことが大きな損失であることか。あまりに哀しい。動く腐りかけのたんぱく質にはそう思うことしかできないのでした。
    スポンサーサイト

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2010/10/28(木) 01:55:05|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:orz

    虫のような生き様だとかノーベル賞だとか

    ~完全に週間鵲状態。~

    こんばんは、鵲です。
    ここ2週ほど発表を1つずつこなしていたら更新することを忘れてました。他にも理由はあるんですけれどね。
    とはいえ、その理由の方は成果が出ていないのでね、言い訳にしかならないと。とことんダメ人間ですね。虫と同じような生活をしているので、無能すぎて死にたくなります。光に誘われる虫のように。その虫になぜ光に寄っていったのかを問うのは無駄でしょうよ。死んでないだけで生きてないですね。そろそろ人生~体験版~はここまでですってメッセージが出てきても良いんじゃなかろうか・・・orz

    あと最近特に思うのは自分が実に空っぽかということですね、何もないんですよね。やりたいことがないわけではないのですが、アウトプットできるものがない・・・。手段ではなくアウトプットできる内容がない。燃料切れのロケット状態ただただ惰性で生きるのみ・・・。


    そういえばノーベル賞化学賞を日本人の方が取られたようで、ようやく日本人の成果が評価できるだけの時が流れたのだなぁとそんな風に思います。研究の成果というものは往々にして評価できるようになるまで、すなわちその研究成果の影響がどれほどの大きさのものであるのかを評価するには時間が掛かるものです。その研究がなければ後に続く研究も進まないのですし、それらの研究の積み重ねの先に日常の生活に生きる実用品があるわけですから。
    もっともその内容はわしのような頭ではさっぱり分かりませんがね。なので、古館さんに知ったかぶりをさせる必要はなかったと思うんだな、わしは。
    わしもその場面を見たわけではありませんが、アノ絵はないわ。ただ、わしは理系文系云々の話がしたいわけではなく、わからない部分を無理にわかっているような風に言う必要性はないと、そんな風に思います。お互い知らないことは山のようにあるのだから。


    まぁ、今日はこのくらいで。

    追伸、物理学賞はグラフェンの方が取ったんですけど、グラフェンがとっちゃうとCNTはどうなるんでしょうかね? [虫のような生き様だとかノーベル賞だとか]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2010/10/07(木) 00:41:00|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。