絵を描かかない自称ポッポコピー絵師・鵲が闘うことを忘れないために綴る日々の備忘録

想始創愛

    想始創愛_HOME > 月別アーカイブ [ 2008年10月 ]

    最近の記事

    月別アーカイブ [ 2008年10月 ] ▼

    Category:スポンサー広告 Tag:

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    カテゴリー「スポンサー広告」のRSS

    1. --/--/--(--) --:--:--|
    2. ⇑ Page TOP ⇑

    【マジレスカッコワルイ!】愛、結婚および本音について。

    ~10月赤字です。~

    おはようございます、鵲です。
    病んじゃった彼の件でいろいろとアドバイスをいただきましてありがとうございます。とりあえず、病んでる方を先になんとかするように伝えてみました。幻聴とかあるらしいくてそれを幻聴と自覚してる分余計に辛いようですが、これが社用車の中でしか起こらないので辞めるのは不可避かも知れませんが、ともかくもまずは落ち着いて生活できるようになってくれればと思います。

     さてわしの話ですが、昨日の小ボスとのミーティングは完全に講義と化してしまいました。わしの特性をよく知る小ボスを以ってしても「思ったより進まなかった」と言わしめたわしの頭の悪さに絶句せざるを得ませんでした。顔は無神経に笑っていたかもしれませんが心ではそれなりに凹んでましたよ。
    例によって引き出しの少なさが相当効いてました。
    尚、その場にいる予定だった先輩はとんでもなく忙しいらしくその場にはいませんでした。わしにつき合わされたらもっと酷いことになっていたので危ないところでしたね。

    さてと、前回あとに回すと言っていたネタがコチラ
    二次元キャラとの結婚を法的に認めて下さい - 署名活動するなら『署名TV』

    濃いですね。ネタとして。一般人には何を言っているのか分からないくらいでしょう。
    この話について正直無視することも当然できたわけで、そうしようと思わないでもなかったのです。ただわしはそれができるほど冷めてない。と、つまりはそういうことなんです。
    そんなわけで一般人がついていけないモードに入ります、欲望丸出しですよ。すみません、どう装ってもわしはヲタなんです。どうかこれからも暖かく見守ってやってください。


    というわけで、遠慮なくやります。
    さっきも書いたけど相手にしないと言う手もあるわけで馬鹿馬鹿しくて取り上げる価値もないとも言えるわけだが、それでも冷静に考えてこの行為はそれなりにリスクがある。とりあえず企画者は名前が出てるわけで、それだけでもノーリスクとは言えないし、一般人からの心象がなお一層悪くなることとは間違いない(これはヲタというくくりで。ということになりそうだが)。そんなわけではた迷惑とも取れなくはないが、あえてそうはとらず、彼らを「熱意ある勇者」であるとして考える。これはあまりに好意的かも知れないがわしはその気持ち分からないとは言わない、むしろ分かる。そう考えた上で、わしがそこに署名するかと言ったらNO。NOなのだ。

     ネタだったら署名しても良いかな?と思わなかったわけじゃない。だが、彼らを「熱意ある勇者」であるとしたならば、ネタとして扱うという行為は彼らに対して失礼というものだろう。だからこそわしは拒否反応を示さないように留意した上で熟考を重ねて”NO”という結論を出したわけだ。

    正直結婚というヤツはそんな甘っちょろいもんじゃない。二者間におけるそれはそれは恐ろしい契約なのだ。わし自身が結婚しているわけじゃないので説得力に欠けるのかも知れないが、わしは尊敬できる親とよい家族に恵まれたと思う一方で素晴らしい家庭で育ったかと言えば第3者的に見てそうではない。この歳になっていくらかは教えてもらったからだが、両親がいかに子供に修羅場を見せないように注意を払って大喧嘩やらかしていたかを知っているからだ。喧嘩くらいならまだましで、よく生活していたなぁと思う話やどこへ消えたのか分からないお金の話なんぞも知っている。
    こう書くと結婚したくないだけとも捉えられるかもしれないが、少なくとも簡単に結婚しようという気は起きないだろう。まぁその辺はあまり今回の話と関係ないわけだが。

    ともかく重要なのは結婚が二者間の契約であることにある。正直正しいのかどうか相当不安ではあるが、噛み砕くとこれで合っているはずだ。一応、行政書士の勉強もしたことがあるし。
    つまるところいくら身を焦がし命を捧げられる程の愛だとしてもだ、一方通行の愛では成し遂げられない。愛の絶対量でそれに及ばなくとも、両者の同意というものが恐ろしく意味を持つ、それが結婚というものだろう。
    わしだって「長門はわしの嫁」と言ったことがないわけではないし、一生添い遂げたいという気持ちもある。それほど愛してやまないキャラがいることをわしはわかる。だが、それはわしが愛しているという証明にしかならないし、それ以上の主張はない。結婚とはそんな一方通行の愛の証明ではない。極論を言えば、結婚とは愛の証明などではない、この世を去るまで影響しつづける二者間の契約だ。愛の証明はまさに相手を愛することでしか証明できないはずだ(方法はいろいろあるだろうが)。

    この署名が目標人数に達するかどうかまず怪しい(100万人って人口の1%に迫る人数だ)し、考えなくともこの法律が成立することはないだろう。だが仮に成立したとして、だ。
    そんな結婚に何の意味がある。
    婚姻届にならんだ名前を眺めてニタニタする程度の価値しかないのではないのではないか?

    わしはそんなものいらない。本当に欲しいのはそんなものじゃない。

    とりあえず、嫁候補筆頭の長門についていうならば、わしは長門が欲しい。本望ではないがわしが彼女を悲しませて、それに自分が絶望することは想像に難くないし、彼女を愛せるのはあの世界の住人たちだけであるということが理解できるほどの理性を持ち合わせているつもりである。もちろん彼女がわしを愛してなどいないことは百も承知だ。

    んが、しかし、それでも尚!長門が欲しい!!
    よく食べる彼女のために料理を覚えるのも良い。買った本を運んであげるのも良い…。止まらなくなるのでほどほどにするが、彼女のために生きるのも悪くないし、それができるなら光栄なことだ。

    だが…いない、いないんだ…長門は。故に、それ故に、わしは長門が、欲しいっ!!結婚だとかそんなものはそれからの問題だ。国からのお墨付きだとかそんなものより、まず第一に!わしは、長門が欲しいのだっ!!



    うん、知ってる。わしが相当イタイ子だってのは。
    でも、本音なんだもの、しょうがないじゃん。自分でも書いてて恥ずかしくて顔が熱くなってくるくらいに本音。もう当分この話題は出したくないくらいに恥ずかしい。後輩とかも見てると思うと余計にだ。

    でも嫌なのは、こういう記事のせいで素敵な規制がポンポンできちゃうこと。きっと相当イカレタ可哀想な子だと思われてんだろうな…、そんな可哀想な子を救ったり、新たに生み出さないための正義だと思ってんだろうな…、大きなお世話だ。じゃあ書くなよって気もする、そこまで思うけどそれでもやっぱりウソつけるほど大人じゃなかった、ゴメン。
    スポンサーサイト

    カテゴリー「評論、エッセー、およびそれに準ずるモノ」のRSS

    1. 2008/10/30(木) 10:00:42|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    スポーツカーに求めるだけ求めて解散!

    ~口内炎が治った。~

    こんばんは、”ISFP型:見ているだけで口は出さない”鵲です。
    一つ突っ込まずにはいられないネタが転がっていたんですが、ソースが置いてあるサーバーに負荷がかかりすぎているせいかアクセスできない素敵現象なのでこのネタは後日に回そうと思います。
    それはさておき、昨日苦しんでいた問題は今日解決に至りました。なんというか、いろいろナゾが多かったのですが、一つ一つを勘違いしないようにして、操作を一つずつ慎重に進めていけばたどり着けることが分かったので満足です。
    明日は小ボスと先輩とわしの3人で論文について協議があるそうで、わしの無知が炸裂することはおそらく間違いないでしょう。でも分からんもんはそう簡単には分からん。とにかく一つずつ問題を解体して行くしか道はなさそうです。

     さてさて、どうでも良い話を付け加えようかと思います。
    最近はネタの発祥が車の話ばかりなあたりわりと車好きなわしなのですが、わしもスポーツカーなるものが欲しいと常々思っています。ただ、正直あんまり欲しい車がないのが現実です。そりゃ、名だたる名スポーツカーがあるといえばあります。そいつらには乗ってみたいし、欲しいしとは思いますが、現実問題無理だろ、常識的に考えて…となるわけです。
    そもそもわしの趣向はライトウェイトスポーツ寄りなので現状ロードスター一択なわけですよ。それもどうかと思うのです。

    そんな中でわしがこういうところに価値を求めるという項目をいくつか考えてみました。
    第一は軽さ。
    これには金出せると思いますよ。GT-Rにせよランエボにせよインプにせよ、最初なぜに体に似合わないエンジンを載せて走るようになったかといえば、軽いからという要素が確実に絡んでくるわけです。そりゃ、昨今の安全基準から見れば25年前の重さになるかといえば無理でしょう。だからこそ、軽くすることには意義がある。そんな風に思います。

    第二に走れるボディと足回り。
    これは一つ目の項目と関係がありますが、これもまた重要。この項目を充足させれば重くなるのが道理なわけですから、正確にはこの二点のバランスなのかも知れませんが…。
    ただ悲しいことにわしには乗ってもわからないかも知れないんですよね、この辺のこと。そういう車に乗ってないから。

    第三にトランスミッション。
    断然MT。やっぱりワクワク感がある方が良いと思ってしまう。無くなる前に乗りたいなぁ。スイフトスポーツで17km/lの燃費を叩きだすこともできれば、その測定中にも時としてエンジン回したりで、そういう使い分けが効くところが良いと思うわけです。
    次が2ペダルMT。まぁ時代の流れというかなんというか。変速の速度とかはまぁどうでもいいんだけど、操作感が残っている方がありがたいし、伝達効率的にもこっちかな。ただ重いよね。
    ATもまぁマニュアルモードが付いてる多段のやつなら許せるかな?とか思います。
    CVTは伝達効率悪いのと制御の入り方が嫌い。あとは謎の擬似MTモード、あれってCVTの旨みないよね、エンジンブレーキくらい?まぁ、わしはエンジンブレーキ多用するからお世話にはなるんだろうけど…。無段階変速という発想は嫌いじゃないというか好きなんだけどね。

    第四にエンジンかな?
    こいつはそんなにパワーはいらない。もちろんそれなりの軽さとの関係の上でだけども…。時代の要請もあるし普段は燃費が良い方がありがたい。けどこう楽しめるときに楽しめる加速をして欲しいとも思うわけですよ。まぁ、軽ささえあれば、Fitくらいのパワーがあれば…。

    第五……アバウトに持つ喜びですよね。

    あ、ああぁ~書いてるうちに空しくなって来ましたよ、コンチクショー!金もないしね、仕事もないしね…。この話書いて失敗でした。
    以上!解散!

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/29(水) 00:40:56|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    引き出しの話。

    ~地霊殿ノーマルクリアまであと一歩。~

    おはようございます、鵲です。
    いやぁー昨日は思ったより帰ってくるのが遅くなった上に、すぐ眠くなってしまってPC付けっぱなしで寝てました。それにしても昨日もらった課題がいかんともしがたくてですね、いろいろな人の頭を借りましたが、それでも上手くいかないんですよね。簡単に書くと
    ”式Aに定数を当てはめた式A’に数字を当てはめると答えが出る、けども式Aに定数を当てはめても式A'にならない”と。
    まぁそんなわけでてんやわんやしてました。

     最近暇を見つけてはとある人の日記を見ています。どうやらゲームメーカーのプログラマさんらしいんですが、この人はこんなことを考えて日々生きてるのかぁと驚かされます。わしよりもはるかにロジカルで目的意識の強い生活を送っているようです。それでいて”他の理系の人の日記を読むと論理的でない”と自己評価しているあたり、わしはわし自身が何を以って理系だと言えるのか分からなくなってしまいます。おまけに同時にいろいろなことをこなせる姿には憧れさえ抱いてしまいます。

    そういえば去る今年の日本GPのとき解説の方がアロンソに対して”引き出しが多い”と評していましたが(記憶が確かなら…)、わしの引き出しは相当少ないなぁと実感します。もちろん物質的な意味の引き出しではないわけですが、とにかくわしはすぐ何事も忘れてしまうのです。
    テストの問題は10分で忘れます。当然解法も忘れます。よく皆覚えているものだと感心しますが、どうもわしが飛びぬけて忘れているだけのようです。
    つまるところ、常に目の届く範囲に物なり記憶なりを置いておかないとすぐ忘れてしまう、とても揮発性の高い頭を持った男なわけです。

    できるだけ気にしないように生きてきましたが、最近はそうも言ってられなくなったなぁと思います。何しろ引き出したるものはないに等しい状況で毎日を生きているわけですからノウハウもくそもないわけです。となるとわしはどれだけ使えない人間なのかと。
    正直なところ使えないことはわかっていたのでできるだけ人と勝負せざるを得ない環境には身をおかないようにしてきたつもりですが、どうあがいてもそのうちそういう環境に曝されるわけです。
    そうでなくても過去の評価との連続性が低いということは、今まで頑張ってきたことが現在の評価とかけ離れてしまう可能性が十分にあるわけで、それは正直に言ってまさに使えないし、当てにならないということになりますね。

    そんなわけでで目下引き出しを増やせるよう、いかにすべきか考えたりしています。もっとも良い方法は浮かびませんが、要は重要度の高い情報を記録していけば良いはずだとは思っています。
    ただ、この重要度が高い情報、つまりポイントであるとかコツであるとかツボであるとか言われるものが何であるのか良く分からないというのも本音で人一倍そういうところにわしは鈍いわけです。こう考えると単純に要領が悪いということにもなりそうです。はてさて、どうしたものやら。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/28(火) 08:21:00|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    絵は描けないがアニメは観られる。

    ~昨日食べたピザの残骸がゴミ袋に入りきらない件~

    こんばんは、鵲です。
    さすがに室内でも半そでは寒く感じるようになってきました。わりと最近ペンタブで絵を描こうとしていますが、てんでダメですね。
    わしが絵を描くときの壁は大きく3つ。
    完成までの一つ目の壁はラフ、この段階で体が上手く描けないとかバランスや骨格、パースがおかしいだと続きを描けなくなる。二つ目の壁が線画、描き終わってから自分のイメージっと違うことに愕然として終了。三つ目が色塗り、もうね、物の表面がどんな風になっているのかさっぱり分からなくて明らかにおかしな領域をおかしな色で塗ってしまって、途中で投げる。
    さらに加えると背景とかいろいろ壁はあるわけですが、そこまで描こうという気になる絵はよっぽどそれ以前の壁を綺麗に乗り越えられたか必要に迫られたかのどちらかですね、過去の実績的に。
    せっかくだから少しくらい上達しようと思うのですがね…。もう楽しいと思えないあたり絵師人生は始まる前に終っているのかも知れませんね。

     そんなわしですが、今年はぜんぜんアニメを観ていないことに気づきました。忙しかったとかやることがあったというのも事実ではあるのですが…。観たものといえば、そうですね、コードギアスR2の最後の方を少しと、あとは4月に少し前のアニメを観ましたがその程度でしたね。少々ヲタを自認するわしもヲタとしての知識の不足に不安を覚えるようになってきました。
    そんなわけでこの第4クールの始まったところで(と言っても3話くらいまで進んでたりしますが…)アニメを観ようと今週目ぼしいものをビデオに録りました。ついでなので感想を少しずつつけておきます。

    まず「とらドラ!」
    最初から観てないのでなんともですが、とりあえず作品の紹介にある程度の知識でまだついていけそうな感じ。クォリティはとても高く作画崩壊という言葉を吐くことはないでしょう。もっとも極端に酷くなければ(わしの絵レベル以下でなければ)そんなことを言うつもりはさらさらないのですけどね。だから多少個性があっても、それはそれでわしは好きです。
    それにしてもよく動くし、絵がとても安定して言うことはほとんどないのですが、エンディングのところの傘の骨の本数が怪しいところがあるような気がします。最初6本だったのが8本になったり…気のせいか?いずれにしても骨が6本の傘って見かけたことがない気がする。折りたたみだとあるのかぁ?
    声の方は釘宮さんの演技がいちいち上手い!原作を読んでない以上キャラについてのツッコミはできませんが、わしの主観ではシャナ、ナギ、ルイズの誰の役よりも上手いと感じました。それらの作品とは主人公との関係が違う(らしい)分、視点が違うんで見せる表情・表現のバリエーションが多いのせいなのかも知れません。それにしても変化に富んでいてかつ滑らかで細かい描写も上手く自然に演じられていると思います。
    ただイマイチわしの心を突き動かすようなものはなかったのが残念です。基本普通の学校生活なのですがいろいろとぶっ飛んでる人物がいるのもあってか、普通分が強すぎて、自然な風景なんだけどもノイズが入ったような不安定な気持ちにはなります。ただ、見所は分かったので、おそらく第1話が重要だったのだろうと思います。惜しいことをした。

    次「CLANNAD-Afterstory」
    言わずと知れた泣ける原作(といってもわしやってないんだよね。ただしSSで泣いたことがある性格が一時的に変わるほど衝撃的だった…)にアニメも一期のこともあり安心して観ていられます。アナログ地上波の見切れ具合は泣きたくなりますが。
    おぼろげながらも流れは分かっているので観ていられますが、いきなり観た人(いるのか?とも思うが)にはとっつき難い唐突さと置いてけぼりスタートではありますね。お約束は観る前に抑えておくべきでしょう。とはいえ、OP曲一分半で泣かされかける辺りわしも相当引き込まれているようです。
    わし自身のことですが、この先のことの大筋は知っているものの細かいところはぜんぜん知らないのでわりと楽しみに観ていられるのはプラスですね。
    作画に文句をつけるなんてできません。平凡になってしまいそうなシーンでも予想を良い意味で裏切った視点からの風景に驚かされます。こういうところも次を観てみたいと思うところです。ただなんというか原作の密度が高い分なのか、イマイチ一つ一つのシーンが薄く感じられました。まぁメリハリは重要だと思うので、後の重要なシーンのためだと信じることにします。
    ところで、こういう暖かな家族や仲間のいる風景を見て一抹の寂しさを感じるのは憧れゆえでしょうか?


    最後「とある魔術の禁書目録」
    以前から聞いたことのある題名ではありましたが、結構原作出てるんだと思います。わしは弟がガンガン読者なので実家に帰ると漫画版を読む機会があります。ただ話の流れはしらないのでどうなるのか楽しみです。
    OPで漂うシャナ臭。同じスタッフで作ってるとしか思えないほどです、実際のところは知りませんが大ハズレではないと自信を持ててしまうほどです。ただシャナのときより洗練されているように見えるのはわしが原作を知らないせいな気がしてなりません。
    今日書いた3作品は順番にファンタジー色が強くなっていきますが、これは2/3くらいはファンタジーですね。わりと好きです。どうもわし自身が現実の閉塞感に飽き飽きしているようですね…。
    こちらも作画は丁寧で文句を言っては罰があたるというものでしょう。セリフもおおっと思えるような適切なセリフがあったりで好感触です。あとはシーンが丁寧に作られていて、すっと世界に入っていけた感じがします。
    こちらも十分に楽しめるでしょう。


    あ、コメント返します。 [絵は描けないがアニメは観られる。]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/26(日) 02:03:57|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    病んだ友人が会社を辞めるそうです。

    ~今日の目覚ましは共産党の街宣車でした。~

    こんにちは、鵲です。
    ネタがないと言っても本当にないわけではなく、ある一定の閾値以下のネタしかないというのが正しいように思えてきました。そんなわけでこの空白期間にいくつかネタが成長してきたのもあってそろそろ書けるかな?という感じになってきました。ぶっちゃけ、毎日書いても多分書けるんだろうなとは思いますが、ひと段落で終るくらいの文章ではなんだか書いた気がしないというか…ともかく不満が残るわけです。完全な自己満足ですな。まぁわしはそういう生き物で良いと思います。

    そんな今週はなんかずっと車の話とかそういうものを暖めてきたのですが、目下本業以外でもっとも悩んでいることがあるので早急にそちらを書こうかと思います。まぁ誰かが助けてくれるようなやさしい世の中だとは思いませんが、それでもことが過ぎてからではよろしくない結果を招いていたりすると悔やむに悔やめないので書きます。


     車というとなかなか普段わしの周りでこの話題を共有できる友人はいないのですが、昔のバイトなかまで実家方面に住んでいる友人はバリバリのスイフトスポーツ乗りでよく電話とかかかってきます。やわらか銀行さん携帯の効果で通話料がタダというのを良い事に、夜中の2時3時にかかってくることもまぁないわけではありません。

     さてそんな彼なんですが、職業は会社員でして入社以来たびたび不満をぶちまけられてきました。わし自身はその問題にはどうしてあげることもできないのでせめて愚痴くらいは聞いてあげてたのですが、今月に入って状況がよろしくない方に転がり始めました。

    2週間ほど前についに病んだ心のせいで体にも影響が出てしまったようで、手が震えて車のハンドルが握れず、なんとか会社にたどり着くも朦朧としていて電話をとっても内容を覚えていられないほどだったそうで、さすがにその日は帰るように命ぜられて山積みの仕事を横目に帰ってきたそうです。翌日、病院へ行ったところ「自律神経失調症」と診断されたそうです。うちの母親もなったことありますが、便利な名前だとつくづく思います。

    んでもって、先週。その一件以来、”頑張って”というわけにもいかず、どう声をかけていいものか分からないのでメールもできないでいたのですが、先週末についに和みそうなイラストを送ってやりました。翌日帰ってきたメールによると樹海に行ってたそうです。ええ、そうです富士の樹海です。どうも自分が死ぬ前にお亡くなりになった方を発見しそうで恐くなったので帰ってきたそうですが、携帯もつながらないのでさすがに家族に心配されたそうです。とにかくどうやら自分は死にたいわけじゃないというのは分かって帰ってきたようです。その代わり会社を辞める決意が固まってしまったようです。

    今週の頭に電話がかかってきて、ちょっと話をしたときに、そういえば彼は前々からピザを食べたがっていたのを思い出し(彼の家の近くには宅配してくれるようなピザ屋がないらしい)気晴らしにピザでも食べにきたら?と言ってみると、本当に来てしまいました。まぁ本気で誘ったので全く問題はないのですが、わりと移動に時間がかかるにも関わらず、来ましたね。

     どうも彼の潔癖症気味の性格が災いしているようなのですが、残業は毎日10時過ぎだし日付が変わるのもザラらしく、おまけに残業しちゃいけないと言われているのでタイムカードは事前に押しておく。なんてことから始まり、だけど会社にいるから電話は鳴って仕事は増えていくし、効率化という言葉はないし、明らかに自分の仕事じゃないのに仕事しない人がいるせいでそこまで自分がやらなきゃいけないし、おまけにそういうことについて進言してもなぜか非難されると、それならもっと言い方があるだろうと、5年6年経っても給料は変わらないし、離職率なんて嘘っぱちだし、あと不潔だと。他にはここではとても書けないような社会的・法的・倫理的によろしくないことを日常的にやってる。だとかで、これ以前からの話でも思っていましたが、首都圏出身の彼は田舎の風土・社会にはついていけないようでした。
    わしは母親からいろいろ愚痴を聞かされていたのでそれが社会だと思っていた分があり、不正を知りながらもまだそういうもんだと諦められるとは思うのですが、彼は残念ながらそれを飲み込めるほど汚れてはいないのです。

    そんなわけで彼は会社を辞めてしまうそうなのですが、友人としてはこれ以上壊れるのを見ているのは辛いのでやめてしまえと言ってはいます、んがしかし正しく友人であるならば止めてあげるべきだと思わなくもないのです。この世界的不況に差し掛かっているご時勢で資格もなければ学歴も地方私立出の彼が再就職するのは大変であることは火を見るよりも明らかなのですから…。しかし病んでる彼に”頑張れ”と言うのはあまりに酷ですし、わしは彼にとって数少ないピザを一緒に食べてあげられる程度の友人なわけです。
    会社の上層部は慰留しているそうなのですが、病院も会社に言ったら医者に圧力をかけて病名をなかったことにされるかも知れないと思って会社には報告してないほどの完全なる会社不信に陥っているので、おそらく無理でしょうし、彼も端からまともにとりあう気はないそうです。会社から家族に電話が行っているようで、家族の言うことも当てにならないと思っている節があるらしく、まともに会社に残るように言える人間がいないのも事実だとは思っているのですが…。
    はてさて、どうしたものか…。

    まぁ放っておけばいいとも思うのですが、どうもこういうときに何もできないのを歯がゆく思ってしまうわしも相当損な性格をしているなぁなんて思います。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/25(土) 13:04:00|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:2
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    絵とか描いてます。

    ~4割…だと…あの苦難を乗り越え、それでも4割っ………!!!~

    こんばんは、鵲です。
    書く事ないですが、今日も張り切って書きます。

     今日は後輩に誘われてラーメン屋に行ってきました。金がないときに限って人は寄ってくるのです。
    そこで研究の話やら解析ソフトの話やらしました。専門のはずですが、モグリなので自信はありません。ついでにサークルの話を少し…いや結構しましたね。人間づきあいというのは難しいもので、彼もわしもどちらかというとはみだしなので肩身の狭い思いをしてはいます。サークルの性質も彼のこともそれなりに分かっているだけに、かみ合わないのが惜しいです。

     そんなこともありつつ、最近は夜にペンタブの上でペンを滑らせています。少しずつ進めてきた絵は色を塗るのが苦手なせいでとても微妙な感じに仕上がりつつあります…うぬー。できればワケアリにして、わしじゃない人が描いたことにしたいのですが、できがダメダメなのでどう考えてもわしの絵です、本当にありがとうございました。
    ついでというか、先の絵があまりにへたくそすぎてヤル気をなくしたところで、pixivでちょっとそそのかされたので「愛と気合いと勢いで8割カバー」しようかと思ってます。ちなみに車絵です。ランエボⅩとインプWRXSTIの共演というまぁベタな絵ですが………そんなに走ってるぽくできません。

    そんな今日この頃。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/23(木) 00:31:40|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    土曜日にカレーを食べた話。

    ~本当にタイトル以上の内容がないよね。~

    こんばんは、鵲です。
    今日も一日終ろうとしていますが、今日は朝寝坊しまして、ろくに飯を食えなかったのが痛い一日でした。それ以外はつつがなく過ぎていったと思います。

    書く事もないので週末のことを少し。

     前回の記事を書いた後に、友人たちと街へ繰り出してまいりました。と言っても飲みにいったわけではなく、買い物…?に行ってきたわけです。まぁ行き先はヲタク御用達のお店なわけですが…。

    わしは特に何か買うつもりではなかったのですが、携帯につけていた某雑誌のおまけストラップが壊れてしまいまして、画面ふき部分が取れてしまっていたわけです。画面ふきがそんなに重要なわけではなくこのストラップの本体?とでもいう部分にはキッチリと狭い世間では人生とたとえられる作品の某キャラの名前がしっかり入っているわけで画面ふきはこのキャラの絵が入っていたのです。んで、本体(仮)はどういうわけかとても丈夫で字も欠けずに綺麗に残っていて捨てるにはもったいないということで、そのキャラの何かをぶら下げればいいんじゃないかと思い立ち、ちょっと探してみたりしていました。
    わしの買い物はせいぜいそのくらいなのですが、友人たちはときとして桁違いの買い物をするので恐ろしいです。どこからその金はくるのかこのブルジョア共め!

    そんなこんなで夜ご飯の時間になったので某カレー屋に行き、600gというノリでなければ食べようとも思わないカレーを食べてきました。だって高いんだもん。
    まぁ食べられない量じゃないですね。普通の食事の間隔で出てきても食べられるには食べられます。そんな量でした。


    追伸
    物理の話思い出した。ウィルスミスだね。インディペンデンスデイで落とされるUFOの動きは慣性が生きてたけど、ハンコックの予告で飛んできた何かをはね飛ばすシーンは明らかに物理的におかしい動きをしてるだろう(せめて地面がえぐれないと話にならない。こればっかりは本人がいくら頑丈でもどうしようもない)…っていう話。
    そんなどうでもいいところに目をつけるあたりがモグリの物理屋だなぁ…、とそんな話を書くつもりでした。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/20(月) 23:55:41|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    物理屋の鵲(但しモグリ)

    ~地霊殿ノーマル・にとマリ1107回目にしてお空に出会う。~

    こんばんは、鵲です。
    昨日はですね、帰りにカラオケに誘われまして行ってきたのですが、2,3時間かなと勝手に思い込んでいたところオールになってしまいまして、家に帰り着いたのが朝6時前とかいう非常事態でした。
    ちなみに午前中は眠い目をこすりながらも皮膚科に言ってきました。薬を弱くする方向へもっていくことになったので少々不安がないわけではないですが、最近は肌の調子もいいので受けて立とうと思います。

     そういえば昨日のカラオケでは「物理屋のサヨナラ」を歌ってきました。最初聞いたときに不覚にも目から汗が大量に流れてきてしまいましたよ。正確に物理屋を反映しているとは思いませんが、それでも世の中の目立たぬところにいるが故に世間から関心をもたれることのない物理屋の儚くも切ない人間味が込められている、そんな歌だと思います。そんなわけでモグリの物理屋としては是非歌いたかったわけです。フィクションだとは言えこの歌にあるような志にはあこがれてしまいます。

     そんなモグリ鵲ですが、昨日はアインシュタインに苦しめられていました。実にモグリらしい苦しみです。正確にはテンソルの縮約記法なんですけど、こいつにdivとかgradとかrotだとか△だとか微分演算子が絡んでくるともうさっぱり。そもそもモグリなんでまともにテンソルとかやってないし。何か良い資料はないものか…
    テンソルで書かれた方程式に条件を代入するタイミングを逃すと消えてはいけないものが綺麗さっぱり消えてくれてしまう素敵現象。最終的にはなんとかひと段落つくところまでたどり着けましたが、モグリにはちと重い仕事でした。

    あと昨日の段階ではもう一つ物理に絡めて、書くネタがあったのですが、すっかり忘れてしまいました。なんだったかなぁ…

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/18(土) 16:06:31|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    BLOGである必要はないのだが。

    ~さすが泣きゲーのkey「感動して泣いてしまったゲーム」ベスト10

    こんばんは、鵲です。
    ヤル気がでなくて困っています。
    帰り道に見かけたGT-R(R35)はコンビニで漫画を立ち読みしたあと颯爽と夜の街へと消えていきました。そういえば割と出会うのは白のGT-Rが多い気がします。

     さてBLOGである必要がないのはとりあえず日記かなぁと思っている今日この頃というか今日。実際わし自身は日記はボツボツと思い立ったことを書いていけば良いかなぁなんて思ってるし、体裁もあまり気にしない。
    でもBLOGというヤツの日記に向かないところは、第一にタイトルがあること。
    タイトルをつけてしまうとそれにあわせて内容を書かなければならなくなってしまうので、必然的に書く内容を取捨選択しなければならなくなってしまします。

    実際にこのBLOGで日記を書いていても大抵タイトルは一番最後に書くところで、悩むわりに適当なタイトルをつけることができないことが多いわけです。

    それとBLOGの書き方というのをいろいろ調べていると、「BLOGかくあるべし」というのが間違いなくあって、それから外れたBLOGに価値はないくらいの書き方はされているわけです。まぁそれが間違っているというふうには思わないのでそれはそれで結構なのですが、どうもわし自身がその文章に影響されてしまってキチっとテーマに沿ったものを書かなければ!という強迫観念に囚われてしまうわけです。これが困りモノでBLOGとしての理想と日記としての本質のギャップのようなものかと思うわけです。

    つまり日記のように気軽に書けないところがネック。
    二つ三つ、思ったことを書くだけでも日記は成立するわけですが、BLOGは全体において一つにテーマを貫き、せいぜいテーマからのズレも幹から生える枝葉程度の範囲に収めないといけないわけです。これが面倒でたまらない。
    一つのテーマに沿った文章を構築するために段落ごとでテーマが変わらないようにして話題を展開していかなければならないわけで、これは単純に日記を記すのとは消費する時間もさることながら考えなければならないことも多いわけです。本当に面倒。

    ふとその日に思った程度のことを一つの文章にしてしまうのは労力ばかりかかってしまって、そのくせ他にも思ったことがあるのにそれは無視しなければならない。これがこのBLOGという構造に対しての不満なんですね。

    まぁかつてはRSSを自動生成してくれるという強みもあったのですが、今はそれを生かすすべもなくなってしまいましたというどうでもいい裏事情があったりもするんですが…。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/17(金) 00:33:52|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    ”GIMPで「キラキラッ」描くよ!”を諦めた。

    ~今日の夢は時計の時間がずれているせいで大変な目に遭う夢でした。~

    こんばんは、鵲です。
    え~と、今日は覚書きとしてタイトルにもある”GIMPで「キラキラッ」描くよ!”を作ってpixivに投稿しておこうと思ったのですが、だんだん作ってる間に、

    「あれ?これってGIMPのチュートリアルでお絵かきと関係なくね?」

    と思えてきたので諦めました。そもそも覚書ならpixivに上げずとも自分でファイルを持っておけば良い訳で何もそこまでしなくてもいいんでないかと。

     もう一つ諦めた原因があるのですが、こっちははわりと背景とかの条件に左右されやすくて簡潔にまとめることができそうにもないことに気づいてしまったことですね。つまり適用するバックの絵の色調だとかそういうものに簡単に左右されてしまって色情報が死んでしまったりするんです。
    実際、今回のキラキラッの方法を見つけたときは暗めの背景とは言え、真っ黒ではなかったんですが、今日真っ黒の背景で作り始めたら、どういうわけか覆い焼きで色情報が死んでしまって思うようにいかない状況になってしまったわけです。

    とは言え未練がないわけではなくて、さっきはファイルを持ってれば良いとか言ってましたけど、そのために作業中のGIMPにもう一枚ファイルを開かせるという負荷をかけるのは明らかによろしくないのでせめてWEB上に置いておけた方が良いとは思うんですが…。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/15(水) 22:22:05|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    ゆっくりを体現する人生

    ~最近携帯を勢いよくスライドさせると電源が落ちるようになりました。~

    こんばんは、鵲です。
    書くことないですが、書きます。

    え~と。
    わしが暇そうにしているときは十中八九暇ではありません。なんだかとても矛盾しているように見えますが、見た目だけです。こういうときは大抵はタスクの消化不良をおこしていて、何から始めて良いのやらどこまでで終わりにして良いのやらわからなくなっている状態です。
    わしの生活の中で多々見受けられる現象なのですが、本人は内心非常に焦っていたりします。外見からはわかりませんが。話しかけられたらそれなりに受け答えしてしまうので周りの人にはなかなかわからないようです。

    ただ、わしとしてもその状況はよろしくないので、何とかしたいものなのですが、こいつがなかなか上手くいきません。とにかく昔から計画というものが守られた試しがない。それがわしなのです。
    夏休みの計画も誰よりも緻密に練るのは得意でしたが、実行されたことはありません。三日坊主などというものではないのです、初日の起床から破綻しているのです。ヤル気がないわけではないのですが、思いのほかわしの行動は遅い。時間は待ってはくれません。悲しい現実ですが、わしの動作クロックは人の半分ほどしかないようなのです。困ったものです。

    そのせいかゆっくりと波長が合うようでゆっくりがかわいくて仕方ありません。

    さて今日も本当はいろいろやることがあったのですが、ちっとも進まないままもうすぐ寝る時間です。こうやってわしの人生は浪費されていくようです。

    ゆっくりした結果がこれだよ!

    コメントの返信タイム [ゆっくりを体現する人生]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/14(火) 23:10:01|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:イベントレポート Tag:

    サンシャインクリエイション41 へ行ってきたよレポート

    ~連休最終日ってのはやりたいことが大量に残ってて厳しいなぁ~

    こんばんは、鵲です。思い切り下書きのまま1日放置してしまいました。
    さっそくですが、去る10月5日に東京・池袋はサンシャインシティで行われたサンシャインクリエイション41に行ってきました。と言っても先週のことなんですよね…。最近無駄にイベント慣れしたというかなんというか、そのせいで日常との切り替わりがアッサリ切り替わるようになってしまって、もはやだいぶ前の出来事のようにさえ思えます。まぁ、レポート書いてないだけでこの手のイベントは実は8回目くらいでして慣れてもきます。

    ともあれ、改めまして参加者の皆様、スタッフの皆様、楽しい時間をありがとうございました。そしてお疲れ様でした。
    そんなサンシャインクリエイション41でのわしの模様を綴っていこうかと思います。 [サンシャインクリエイション41 へ行ってきたよレポート]の続きを読む

    カテゴリー「イベントレポート」のRSS

    1. 2008/10/14(火) 20:40:08|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    萌の日を祝い損ねる。

    ~とりあえず、何か書こうということで…~

    こんにちは、鵲です。
    少々間が空いてしまいましたね。三日ほど華麗にBLOGをスルーしていましたが、なんというかいろいろと間の悪い状況が続いていたので書き損ねていました。そのうえネタもあまりないんですよね。まぁネタとしてイベントレポートとかはあるんですけど、時間がまとまって取れないとなかなか書けないので、その辺りの間の悪さも手伝ってますね。こういうときは大抵八方ふさがりになってしまっていることが多いので良くない傾向です。

     さてここ数日の流れですが、先週は実はかなりアグレッシブでした。アクティブを通り越していましたねあれは。いろいろと物事が進められたのですが、精神的にはもっとゆっくりしていってね!!という感じでして、水曜夜の時点で結構疲れてました。その反動で木曜は起きたら昼過ぎという完全重役出勤モードになってしまい、金曜は急遽泣きつかれて入ったバイトに出かけたりしていました。思わぬ臨時収入ですが、すでに事前の予想以上の支出がこのさき待っていることが判明してしまったため、このお金もすでに消える先が決まっているのです。はぁ。
    なんというかお金というやつは常に右から左でしてなかなか手元に残らないのです。

     金曜日は実は鵲認定の「萌の日」でして、昨年はモエ・エ・シャンドンで祝ったのですが、今年はそれだけの金銭的精神的ゆとりがなかったので祝うことができませんでした。これは痛い。

    昨日は昨日で疲れといいますかむしろ睡魔との闘いに見事敗北し何時間眠ったのか記憶にございません。夜はそれなりに活動していましたが…

    そんな非生産的な日々でした。

    コメント返すよっ。 [萌の日を祝い損ねる。]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/12(日) 16:41:15|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:イベントレポート Tag:

    横浜オクトーバーフェスト2008 レポート

    ~格安microSDの店が定休日だった罠~

    こんばんは、鵲です。
    先日から日記で書く書くといっていた10月4日に参加した「横浜オクトーバーフェスト2008in赤レンガ倉庫」の模様を専らわしの主観によってお送りしようかと思います。
    尚、オクトーバーフェストの詳細は次のサイトをご参照ください。
    >>オクトーバーフェスト2008:

    序 
     ことの発端はこの記事”FLY TO THE RAINBOW(HEARTWORK)”です。
    この記事によりまして、わしはオクトーバーフェストなるものの存在を知るに至ったわけです。酒好きを自認するわしがこんなおいしいイベント逃せるはずがないっ!一回くらいは行けるうちに行っておかないと…。というわけで、この頃(6月)から行ける日程を考えつつ、暑くいろいろな意味(主に試験的な意味とか)で苦しい夏を乗り越えた9月~10月初旬を狙いました。
    9月清水でのオクトーバーフェストは家庭の都合というやつと交通機関の問題で見送り、東京でのイベントの日程ともいい具合に折り合いがついたので、満を持して10月4日の横浜オクトーバーフェストに参加する決意を固めたのでした。
    [横浜オクトーバーフェスト2008 レポート]の続きを読む

    カテゴリー「イベントレポート」のRSS

    1. 2008/10/09(木) 01:03:42|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:2
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    それゆけモグリ

    ~ごめん、Fortranの方がCより簡単だわ。~

    おはようございます、鵲です。
    先日はノーベル物理学賞を日本人の方々が受賞したということで、わしの友達はテンションがあがっています。どうかパウリ効果で大変な目に遭いませんように。彼はパウリ効果をよく発現するんです。
    そんな友人に「CP対称性の破れって聞いたことあるけど良く分からない」などと口走ったら「貴様、それでも物理屋か!!」と言われましたが、わしはわし自身をモグリの町の物理屋だと思ってます。

     さてさて、先日の記事では、横浜・東京ツアーの内容でも書くといっていたのですが、ちょっと回避します。携帯で写真を撮ってきたので、折角ならいくつか載せたいと思ったからです。ええ、micrSD買ってきます。

     そんなわけで昨日は去年の終わりから今年の初めにかけて作っていたHSPのソースコードをC++へ移植…もとい書き直す作業をやってみました。HSPくらい何でもアリな言語を使ってるとなかなか書き直すのは骨が折れます。Cですらろくに扱えないわけですが、C++も正直ぜんぜん使えないのでいろいろ調べながらちまちまやっていました。ちなみに本職はFortranといわなければボスたちに申し訳が立ちません。そんな気がします。
    やってみたわけですが、安全性を高めたというか、抽象性の高まったというか、いろいろひっくるめてC++はややこしくて知らないと出来ないことが多すぎるということを実感しました。ちょっと難航しそうなので本当にゆっくりしていってね!!な気持ちで望まないとダメな気がしています。

    あ、ちなみにわしはわし自身をモグリの日曜プログラマだと思っています。何においてもポッポコピーですぜ。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/08(水) 07:48:31|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    夏の終わり前夜の出来事。

    ~始業2時間前に東京から帰還~

    こんばんは、鵲です。
    え~っと、この週末に横浜と東京に行ってきました。これで夏前に立てた計画「わしの夏2008」は完遂し、ようやく世間一般の季節と同じ秋を迎えた感じです。
    今日はそんなわしの出発前日のカオスな一日のことでも書こうかと思います。

     時は先週金曜日、寝不足で重役出勤した挙句夕方には「あ、今日誕生日会なんで帰ります」とか抜かして会場へ向かうわし。なんてフリーダム。
    麻雀しては東場だけで振込みまくってはこるという素敵現象をかまして顰蹙を買うわし。しょうがないじゃん、こういうときにしかやらないんだから。
    夕食はちゃんこ鍋。おいしゅうございました。
    そしてプレゼントを渡す会が始まりました。ガンダムカルタ最高。さすがのわしチョイス。
    そうこうしていると、わしの携帯に入電!

    「あ、鵲さん?やっばぃ、まじやっばぃ。飲みすぎた…迎えに来て……」

    そして誕生日会を抜け出し酔っ払い救出に向かうわし。酔っ払いのために水でも買っていってやろうとレジにならんでふと財布が軽いことを思い出し、初めてEdyで買い物。シャリーン♪
    おお、マジで持ってて良かった。こんな風に役に立つときが来ようとは…!
    電車を乗り継ぎ酔っ払い確保。わが友人は同僚と先輩のかたに支えられて吐くだけ吐いてひたすら眠い状態でした。
    「花金に来てくれるなんて良い人だ。」なんて友人の先輩に言われましたが、サーセン、平日も休日も出勤するかしないかくらいの違いしかないんです。
    肩を貸しながら電車でわしの部屋に収容。このとき、先ほど現金を使っていたら電車に乗れなかった、わしナイス判断。
    介抱しているといろいろとしゃべり出しだんだん元気になってきたわが友人。「おお、帰れる!」とか言って帰りそうになってたけど、ちょうど終電が出たとこ。残念でした。

    んで、寝床を取られたわしは再び誕生日会場に戻って家主が寝てる中朝まで東方という愚行を犯す。ちなみに初めて旧作やりました。PC98時代のグラフィックは少々見辛くていろいろ叫びながらやっていましたが、それでも旧作のころから東方は東方だったのだというのを実感しました。ちなみに酔っ払いが東方を実況している動画を見ているようだったとは誕生日会出席者の談。

    さてさて、朝まで東方のどこが愚行かと申しますと、この朝は実は土曜日の朝。つまり横浜オクトーバーフェストへ向かう朝だったのです。え、2日連続寝不足でアルコールですか?マジで?

    そんな週末旅行記はまたの機会に。まぁ明日くらいかも知れませんがね。

    コメント返します。 [夏の終わり前夜の出来事。]の続きを読む

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/06(月) 22:53:52|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    やり始めると止まらない。~GIMP2.6とかFirefox3とかHDDの整理とか…~

    ~明日は横浜でドイツビール、明後日は池袋でサンクリ。~

    こんにちは、鵲です。
    昨日GIMPの2.6が出たので様子見しようと思っていたのですが、帰宅してから思わず入れてしまいました。酷いことにそれをきっかけにFirefox3にアップグレードし、Firefox3の拡張関係を弄りだしたらどんどんよその後10GBを切ってしまったHDDの整理なんか始めるもんだからさぁ大変。気がついたらこんな時間になってしまいましたとさ。トホホ。
    まぁ折角なので今日の奮闘振りを少しばかり記録しておこうかと思います。

    まずはGIMP2.6(Windows版)の恐ろしく簡単なインプレッション。
    Linux版ではUIの改良がなされてついにMDIのように動くようになったみたいなんですが、Windows版は残念ながらそこまで再現されていません。わし自身は使いにくいと評判のGIMPのUIに慣れてしまっているので逆にPhotoshopファミリーを見ると使いにくさを覚えてしまうくらいなので、さほど気にしていません。しかしながらGIMPの普及を妨げている最大の理由とすら言われる独特のUIがMDI風に表示できるようになればだいぶとっつきやすくなりそうです。リリースノートを見てコレは大きな前進だと思ったのですが…Windows残念。
    あとはあまり試してませんが、インクツールで筆圧によって液だれみたいに表現されるという現象がなくなった感じがします。勢いよく描いても大丈夫でした。もっともわしはGIMPpainter-使いなので補正の効かないインクツールを使うことはあまりないのです。そんなわけで、これも個人的には嬉しいけど実益はあまりないかなといった感じです。

    続いてFirefox3ですが、sageとBBS2chreaderが正式対応したのでGoogleBrowserSyncには悪いのですがついにFirefox3に乗り換えました。2.0~の時期が長かったので使えない拡張やらテーマがザクザク出てきてしまったので仕方なく代替物を探しました。とはいえ実際困ったのはテーマくらいで拡張についてはほとんど今は使ってないものだったので実害はなかったといってもいいくらいでした。
    ちなみに以前minifoxflatをテーマに採用していたのですが、使えなくなったのでClassicCompactというテーマを使っています。表示を広くしたかったのがそもそもの始まりですが、まずまず満足しています。若干背景のグラデーションが見難い感じもしますが、そのくらいしか気になりません。
    あと、最近DTMをする後輩のこともあってFoxytuneという拡張も入れました。Firefox上でiTuneなどの簡単な操作が出来る代物で他にも検索ができたり機能はあるのですが、ともかくFirefoxでmp3を再生させるときのまごつきをどうにかしたくて入れました。まだ上手く使えてませんがまぁなんとかなるでしょう。
    ただわしの狐はあまり速くない。タスクマネージャー見てると仮想メモリがガンガン増えていくんだけど何でだろう?しょっちゅうHDDのアクセスランプがついてるってことはボトルネックはHDDの転送速度?だとすると手の打ちようがないんだけど…。タブを減らすくらいかなぁ?

    それでこの先が泥沼。
    iTuneなどのなどにはWindowsMediaPlayerも含まれているわけなのですが、これが重いんじゃないかという疑惑を持ち始めまして、軽量なメディアプレイヤーを探し始めたり、セキュリティー関係でソフトを新しくしたり、すると他のソフトも新しくしたくなるわけでサクラエディタを新しくしたり…するとHDD用量が気になってみてみれば残り10GBだったりで、さぁ大変。
    昔録音したラジオの未編集音楽ファイルが数十ファイル。長いヤツだと寝落ちした関係で8時間もあるのがボロボロとありまして、ええ。編集できるソフトを落としてはとりあえず必要な部分だけ短くカットしたりしました。
    でもおかしい。いろいろ計算してもあと10GBなんてことはありえないのですよ。そこでSpaceMongerにご登場願いまして、HDDの中を視覚化してみたわけですよ。するとびっくり。半分以上の面積をSystem Volume Informationなるフォルダが占めているわけです。なんじゃいこれは、見たことないぞと思いましていろいろ調べるとどうやら復元ポイントの関係のファイルを保存してるそうなのですよ。そこでサービスを一時的に停止したところ一気に何と40GBという広大な空き容量が生まれたのです。
    それ以前に苦労して空けた10GBがアホらしくなる位の出来事でした。
    そんなわけで締めて約62GBの空きを作ることに成功しました。HDDの半分以上なんですが、これ(内蔵120GBなんです)。
    これでしばらくは容量におびえることはなさそうです。復元ポイントはごくごく稀にお世話にはなりますが、それでもだいたいは何か大きなことをする直前に作るくらいで本当に保険程度なので溜まっていくならたまに消してあげないとだめですね…。

    そんな感じで随分と長い時間パソコンと向き合っていました。正直寝る間を惜しんでしまったのでちょっと明日明後日が恐いです…。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/03(金) 14:22:08|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:1
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    Category:日記っぽいもの Tag:

    叩けば直るは万物の法則。

    ~GIMP2.6.0リリースだってさ。わしはしばし様子見。~

    こんばんは、鵲です。
    昨日とかその前当たりサーバーの調子が悪かったのでしょうか?記事を書こうにも接続できませんでした。まぁ年に1回か2回くらいあることなので特に気にしていませんが、折角のネタを腐らせてしまうのはちょっともったいなかったです。ネタといったも日常の話に過ぎないので他の誰かの利益にはならないのですがあんまり詰め込みすぎるとインパクトが薄れてしまうので書きたいときに書くのがベストなんですけどね…。

    さてさて最近あったネタなんですが、職場のPCの再セットアップですが、できました。と、これだけなら普通極まりないというか当然の話なのですが、こいつが困ったHPのパソコンでして、要求しているCDを入れてやってもトレイを吐き出してCDを入れろと催促してくるのしろものだったのです。
    もうね、あほかと、ばかかと。
    何時間同じ動作を繰り返したかわかりませんが、あの手この手でこちらがヤル気をださせようとしても、いつも同じメッセージしか返してきません。ドライブが壊れたのかと思ってLinuxのインストールCDを食わせてやるとちゃんと動くのでドライブは無事らしく、CDが壊れたかと思っていきてるPCで読んでみると無事読めてこちらも無事らしいと。
    正直お手上げでした。

    そこに颯爽と現れたのが我らが小ボス。わりとせっかちなので二回目にトレイを吐き出したとき

    ペシコンッ!

    とトレイを押し戻したのですよ、これが。もうね壊れるかと思いましたよ。いくらせっかちでもそれはないだろうと。そのくらいの勢いでした、間違いなく。

    すると今まで駄々をこねていたPCがCDを読み込みだしたのです。なんということでしょう。どこの古びたTVですか、PCを叩いたら直ったなんて話聞いたことがございませんことよ、わし。

    そんなわけで無事OSのインストールを終らせ、今日各種環境を整えました。明日から通常業務です、たぶん。ああ、よかったよかった。

    カテゴリー「日記っぽいもの」のRSS

    1. 2008/10/02(木) 00:27:46|
    2. | トラックバック:0
    3. | コメント:0
    4. ⇑ Page TOP ⇑
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。